訪問者の方々へ
必ずご一読ください
   パスワードについて

素敵な愛人さんと過ごすお正月

2016/01/03 09:16:06 | ◆過去記事をもとに振り返る会 | コメント:2件

恵まれている場合、愛人であっても、お誕生日やクリスマスイヴを、お相手の男性と過ごせることもあったりしますが…

やっぱり、お正月は、別でしょう。
『家族』でない限り、年末年始は…やめましょうか、湿っぽくなるから(笑)



年始のひとときを、毎年上手に過ごしていらっしゃる女性にお会いしてきました。
西の++さん。
初代ブログでコメントを頂き、その後、個人的にお会いしたり、お茶会にご参加いただいたり、メールのやり取りをさせて頂いたり。
最後にお目にかかったのは、…3、4年前くらいだったでしょうか?
ふんわりした雰囲気と、よくお笑いになるあたたかいお人柄は相変わらずで、お会いできて本当にうれしかったです。



ふとした会話のなりゆきで、
「あれ、最初に++さんとお目にかかったのが…何年前?」
ということになり、ちょっと数えてみたら…
初めてコメントを頂いたのが丸9年前、実際にお会いしたのが8年前…
愛人ブログで始まったご縁も、ここまで続くともう立派な『運命』です♥…と、宣っても許されますか?(笑)

来年、出会い10周年を迎える私たちを祝して…
彼女と出会った時の記事
を前ブログから引っ張ってきました(笑)




実は、私は周囲の人にPさんとのお付き合いをオープンにしています。
…もちろん、Pさんは独身者、という紹介をしてはいますが。(40代、独身、の紹介で通じてしまうPさんがすごい)
なので、職場や友人との会話でも、比較的自由に『彼氏の話』はしているのですが…

++さんと話していて、やっぱり『愛人』という立場を隠さずに話ができるって楽だなぁ…と実感しました。
既婚者と付き合っているからこそのジレンマや、金銭授受があるからこその贅沢慣れとか価値観とかいうものは、普段はどうしても隠して過ごさざるを得ません。
…それを、あまり深く考えず、「実は…」と漏らしてみたり、冗談に使ってみたり…
こういうお話ができる、長いお付き合いの女性がいるって、ありがたいなぁ…と、つくづく感じたお正月でした。




ブログとハンドルネームを初代のものに戻したのには、私自身が原点回帰をしたかったからということもありましたが、以前親しくさせて頂いていた女性たちが私を見つけやすいように…という目的もありました。
同じ愛人という境遇にいらっしゃる女性、いらっしゃった時期があった女性…
どんなに懐かしくても、私からご連絡を差し上げるわけにはいきません。
ですが、コンタクトはいつでも歓迎いたします。
同じトーンで会話ができる者同士、短いひと時を共有することが何らかの意味を持つのであれば…私はここでお待ちしております。
++さんと過ごさせていただいたような、あたたかく、いろいろなことがあっても大切な男性の愛人として生きていこうと思わせてくれるような…そんなひと時を、ご一緒に…

再会と、出会いの一年になりますように。




関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

2016/01/16(土) 20:13:15 | | #
このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2016/02/02(火) 15:12:15 | URL | 妙子 #eAb5nx9M
秘密【2016/01/16 20:13】様
++さん♪
お正月はお時間を頂き、ありがとうございました♪
立て続けに他の記事をUPしたため、こちらに気付かず、失礼いたしましたm(__)m
機種変更、されたのですね♪では、次回はもっと二人でアグレッシブに記念写真撮影をいたしましょう♪

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する