訪問者の方々へ
必ずご一読ください
   パスワードについて

気まま、素のままに…

2015/12/14 23:42:38 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:2件

週末、Pさんと某コンサートに行ってきました。
招待制だったこのコンサート。

「なんか~赤紙きちゃったんだよね~
行かない?」


と、クリスマスカラーの招待状とは真逆の気の抜けたお誘いだったので、ちょっと笑ってしまいながらOKしました(笑)



ちょっと、私、今、しつこい風邪に悩まされてまして。
咳だけ残っちゃったんです。

あ、マイコとかTBではないので、ご心配なく。

本番中に咳が止まらなくなると困るので、コンサートの開演に合わせて薬を飲むようになるよう、朝から調整していました。
でも、1日忙しくしていたので、お昼食べられなかったんですわ。
仕方なく、Pさんと待ち合わせ前に駅で買ったシリアルバーみたいなものをお腹に入れて、薬を飲もうとしたら…
いつの間にかいなくなって、いつの間にか戻ってきていたPさんから、ぽいっと紙パックの飲み物を渡されました。

見てみると、それは
いちご牛乳

「胃に粘膜を、ね」

ウン十万円の靴を履いて、某ブランドのスーツとネクタイでバシッと決めて、素敵なコロンの香りを漂わせて、これからクラシック音楽を愛でようとしている人が、それなのに、いちご牛乳(笑)
なんだか、そのバランスの悪さに、笑ってしまいました。




Pさん、ふだんからそういうところがある人です。
すごくエレガントに振る舞いながら、突然、可愛いことをしちゃう、とか。
さりげなーいふりして、さらっと大金を使っちゃう、とか。
逆もあります。
話しかけるのも憚られるような緊張感漂う雰囲気を醸し出していたかと思うと、突然、仔犬みたいな表情になる、とか。
一緒にいて、飽きません(笑)


「かっこつけても、しょうがないじゃない?」
Pさんがそう言って笑ってくれるようになってから、もうどれくらいたったかな…
そうやって大の大人の男性が、気ままに素のままに過ごせるような…そんな存在であり続けたいものです。




「僕よりも…
いちご牛乳あげたとたんに、子供みたいに笑いながら一気に飲み干しちゃう妙子の方が、見ていて飽きないよ?」

…と、Pさんに言われましたが…
まぁ、そこはおあいこということかしら(笑)




関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

2015/12/15(火) 17:10:30 | | #
このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2015/12/24(木) 09:51:47 | URL | 妙子 #-
【2015/12/15 17:10】Y様
ももパン!
良く覚えていらっしゃいましたね。
もう…10年位前じゃないかしらん…
写真出したはずの私のほうがびっくりです(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する