訪問者の方々へ
必ずご一読ください
   パスワードについて

50年先まで思い出して

2015/11/01 11:50:06 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:3件

まだ、秋の大嵐(笑)に入る前のこと。
Pさんのお仕事にくっついて、北に向かった時のこと。


北の地に新しい支店を作るにあたり、いくつか土地の候補を下見しに行くのと、北の土地の気候にふさわしいビルのデザインを見て回る、という日がありました。
前々から、「その時は一緒に行きたいー♪」とアピールしておいたので(笑)Pさんは、お付きの方・管理職の皆様を遠ざけて、私と二人で1日を過ごす段取りを組んでくださいました。

レンタカーを借りて運転をしたり…
候補地をナビに入れたり…
候補地ごとの広さや地質、候補デザインの耐震耐寒設計を順番に読んでいったり…
ちょっとした秘書気分♫

車を停めて、ビルの周りを、壁材を触りながら二人で歩いてみる。
ハタから見たら、怪しい二人(笑)

タイル壁だったら?
一面ガラスだったら?
壁に近いところにデスクを置く社員さんは寒くない?採光は?
バリアフリー設計にするなら?
経年変化は?雪汚れしない?


そんな話をしながらの街歩き。
雪が降り始める前に地ならしをして、一冬寝かせて、春に着工ですって。

この日、Pさんと話していたことのうちどれくらいが実際に採用されるかわからないけど…
何十年も地図に残るようなものを作り出す最初の作業にかかわれて、嬉しかった。

「50年もつようなものを造るわけだから、ね」
そんなPさんの言葉を、誰が覚えていてくれるかな。
50年後も、あの北の大地のビルを思って、Pさんと過ごした日々をあたたかく思い出すことができますように。
(その時私が生きているか、というお話は置いておこう(笑))




関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

2015/11/13(金) 07:44:58 | | #
このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2015/11/26(木) 21:00:56 | URL | もも #-
妙子様
初めまして。
拙いコメントご容赦ください。
もう、10年くらい前になりますか。
初めて妙子様のブログを拝読致しました。

途中で一度、虚言とされた事。その後に閉鎖されたこと。
やはり同じような立場にある私としたら
いろいろブログで勉強させていただいたり
励みにもなっていたものですから
ブログで想いを回帰することすらできない状況は
寂しく思っておりました。

今日、ふと思い立って
妙子様のお名前等を検索したところ
このようなブログが再度立ち上がっており
また過去の事、現在の状況を書き連ねておられて
驚きと懐かしさ、そして嬉しく思いました。

また、お伺い致しますね。

No title

2015/11/26(木) 21:19:36 | URL | 妙子 #-
【2015/11/13 07:44】Y様
いつもあたたかいお言葉をありがとうございます。
50年後…生きているかが問題ではなくて…その時本当に思い出せるかどうかが問題ではなくて…
50年後まで、と思えたあの瞬間と、その思いを振り返るこれからの時間が大事なのかな、と思います。



もも様
はじめまして、いらっしゃいませ。
コメントをありがとうございます。

…まだ、あの時のことを話題にする方がいらっしゃったことに素直に驚きました Σ(゚д゚)!!
長いお付き合いの皆さまーーーー懐かしいですねっ?

普段だったら、こういうのはスルーするのですが…
振り返ってみれば…ああ、あれって、ちょうど今頃の時期だったわね(笑)
記事ネタいただきました!ありがとうございます!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する