訪問者の方々へ
必ずご一読ください
   パスワードについて

だから愛人ブログはやめられない♪【過去記事】

2008/05/20 05:43:51 | 過去記事 | コメント:-件

※本記事は、初代『妙子の愛人生活』からの、復活記事です。

20080520.jpg
△△に行く途中で、とある女性とランチをご一緒した、と、先の記事に書きました。
 実はこの方、ずいぶん長い間、当ブログ上でコンタクトを取ってくださっていたお仲間女性でした。
 あたたかい言葉の数々の中に、お相手の男性との充実したご関係のエピソードを織り込んでくださる方で、いつも私のほうが彼女からのコメントに癒していただいておりました。

 コメント欄という限られたスペースの中でのやり取りの中でも、『感じるもの』がある方からは様々なものを感じます。
 たかがコメント、されどコメント。
 コンタクトを取ってくださる方から『感じるもの』は、私にとってとても大切です。

 その方の残した文字でお人柄がわかる、会ってみればそれで判る…などという表現は、私のような未熟者にはできるものではありませんが…
 その女性に焦がれること1年数ヶ月、やっとお目にかかれた彼女は、予想以上にたおやかで、しなやかで朗らかな女性でした。
 ○○くんに会いに行くと決めたときから、どうしても彼女と『出会って』から行きたいと思っていたので、結構無ムリヤリなスケジュールを彼女に押し付けてしまいましたが(汗)

 それにしても、今回も、ステキなお姉さまとの出会いに恵まれました。
「あのねーおかーさーん、キレイなおねーさんにあってきたのー。おひめさまみたいだったのー」
 くらいなテンションで、無邪気に報告をしたいくらいです。
「あら、よかったわねー。どんなお姫様だったのー?」
 と聞かれたら、きっと夢見る瞳でこう答えます。
「あのねー、お胸プリプリで、流し目きらーんで、足なんかスラリンコで、話し方もとろけそうで、雰囲気がむんむんしてたのーー」
 …そんなお姫様、かあちゃんもビックリ。((((;゚Д゚)))
 もしナミコ様がお母さんだったら、
「あら、そんな側室様みたいなお姫様に会ったのに、どうして一発ヤッてこなかったのよー」
 と、コロコロ笑って下さることでしょう。
 ナミコお母様、不出来な娘で申し訳ありません。
 次回からは必ず、気合を入れてヤッてくるように心がけます。

 …冗談はさておき(笑)

 会話の節々で、「私は、この世界が好きだから」とこぼれ出る微笑。
 「愛人としてのあなたも、○○くんのとなりにいるあなたも、両方素敵。いろいろなものを、大切にね」と、私の背中を押してくれた、先を限定しない表現。
 …彼女は、そのとき私が一番欲しかったものを、とても自然な形で与えてくださいました。

 ++さん、先日はありがとうございました。
 ○○くんとのひと時の後、愛人8年目突入、突発的な出張…とバタバタが重なっております。
 遅ればせながら、本日お礼状をお送りいたしました。
 今後とも、宜しくお願いいたします。





 現在、この文章は空港のビジネス・ラウンジで書いています。
 フリードリンクのビールが入って、ちょっとほろ酔い。

 以前も、空港には日常から切り離されたような空間があると書きましたが…
 この空間に居るときは、どういうわけか、いろいろな人を懐かしく思い、いろいろな人に会いたくなります。
 このブログの訪問者様も、その対象です(笑)
 就職をし、文章の傾向が変わり始めたころからお名前を拝見しなくなった方々。
 昨年の爆弾投下以来、パタリとアクセスが無くなった方々。
 皆様、いかがお過ごしかしら。

 たかがコメント、されどコメント。
 上にも書きましたが、私はそれを、『コンタクト』として受け止めるようにしています。
 ブログという枠の中で、あくまでその枠を出ないスタンスも楽しいです。
 けれど、愛人ブログという枠を出た部分を語りたい場合は、やはり、ブログという枠の外で遊ぶことを試みて『コンタクト』を取ってくださる訪問者様をご招待したいもの。
 ブログという枠にいらっしゃる訪問者様なのか、その外で『私』にコンタクトを取ろうとしてくださっている訪問者様なのか、いつも判断に悩むのですが…
 今回お目にかかった++さんとは、最初にコメントを頂いた時から、いつか出逢う日が来るかも…というぼんやりした予感がありました。
 本当に、たかがコメント、されどコメント。
 不思議なご縁に感謝します。


 まぁ、そんなわけで、また一人ステキなお仲間おねぇたまん♪をゲッツ!
 これだから愛人ブログはやめられないわ~♪
 ぐふふふふ♪




関連記事
スポンサーサイト