訪問者の方々へ
必ずご一読ください
   パスワードについて

金が先か、情が先か

2020/05/17 11:02:00 | ◆愛人生活-Pさんとの日々- | コメント:0件

そんなことがあり、愛人市場(笑)について考えることがでてきている今日この頃。

ここで言う『愛人』とは。
・特定の既婚男性と
・セックスと金銭授受を伴う関係を
・長期にわたって維持している
・独身女性
と、定義付けます(笑)

パパ活だのプチパパだの、肉体関係ナシだの複数男性と同時進行だの、最近いろんなものが入り乱れているので、用語の定義から始めないと話が進まない(笑)
ややこしいったら(おばちゃん、ついていけませんわー)。





既婚男性が、なぜ奥様以外の女性を求めるのかについては…テーマが大きすぎるので、ここでは触れないとして(笑)
そして、彼らが求める女性像をについても、テーマが壮大すぎるのでここでは避けるとして(笑)
その女性を手に入れるために、既婚男性が、どれだけの努力や犠牲(金銭的にも、手間暇という意味も、社会的リスクという側面も含めて)を払えるのかについても、面倒くさいので言及しないとして(笑)

いずれにせよ…
頑張って働いて得たお金の大部分を、奥様やお子様やお仕事の投資にまわして、余った大事な大事な大事なお小遣い(金額の大きさは人それぞれとしても)を女性と遊ぶことに使う、という構図は多くの男性に共通しているはず。
…で、あれば、より『お得なお買い物』をしたいと願うのが、彼らの本音であるはず。

fc2blog_20200507115433a95.jpg
そんな愛人市場における、最近の私、撮ってみました。
がんばって修正かけても、このレベル(笑)
肌を優先して白飛ばしすると洋服のデザインすらわからなくなり、それでも二重顎を隠せない有様。
…果たして、『私』は、Pさんにとって『お得なお買い物』であるのか…
考えると冷や汗が出てきますが(笑)
容姿以外のところでお買い得感を醸し出していくしか方法がないので、今後ともPさんの購買意欲(笑)に期待をかけつつ、頑張っていく所存であります(汗)





先日のことをPさんに話してみたところ、予想どおり
「このご時世じゃ、会社と生活を守るために愛人契約打ち切りになるケースが多くても仕方ないよね」
との反応。
ああ、やっぱりPさんのところにも来るべき波が来ているのかなぁ、と私もなんだかしみじみしてしまいました。
「難しいよね、お金が先なのか、情が先なのか。情とか信頼関係があるなら、生活が苦しいのを何とかしてあげようとか、夢を応援してようとか、思うんだけどさ」
と、Pさん。
(あ、ちなみに、ある根拠に基づき、愛人生活の自粛は解除しました)



大事な大事な大事なお小遣い(←しつこい)を使うにあたって、確実に自分に情を注いでくれて、信頼できる女性であることを確認してから、お金をつぎ込みたい…というのが男性の考え方でしょう。
そうかと言って、女性だって、確実に自分にお金を出してくれる男性を選びたいのだから、出し惜しみする男性とは付き合いたくないというのが本音のはず。

…難しいところですねぇ…。




ちなみに、Pさんは、お手当てありきの男女関係は嫌いなタイプ。
「じゃあ、どうして、あんなに早い段階で私に金銭的な援助を始めてくれたの?」
と、聞いてみたら。
「だって、明らかに困ってたじゃない(笑)テキストを買うために、〇〇にあと何日出勤して…とか言ってたし。何より…メールアドレスが『苦学生』だったし(笑)」
…と、ニヤニヤするPさん。
そう…当時の私のメールアドレスにはkugakuseiの文字が含まれていました(笑)

確かにね。
Pさんと出会った当初は、授業が早く終わる日を選んでPさんに会って、Pさんに軽く夕飯を食べさせてもらってから、お水のバイトに出発するようなデートをしていました。
しかも、デートの後に赤坂にバイトに行くこともPさんにおおっぴらにしていましたし(笑)
それでも、私はPさんをお客さんとしてお店に連れ込むようなことはしませんでした。
Pさんのお財布が豊か(笑)であろうことは察していましたが、それよりも、Pさんのそばでリラックスして過ごせることや体の相性の良さ(笑)のほうが、私にとっては大切だったのです。

(まぁ、初めてPさんから諭吉さんの束を渡されたときは、速攻で有難く頂戴いたしましたが。笑)



Pさんから初めていただいたお金で買ったテキスト。
そして、看護学生には欠かせないレビューブック、これも後にPさんのお金で買わせていただいたものです。
両方とも、もう開くことはなくなりましたが、「妙子が看護学生じゃなかったら、(お金を渡す形で)付き合っていなかったかもしれない」というPさんの言葉を思い出すにつけ、今でも捨てられないでいます。

鶏が先か卵が先か、金が先か情が先か。
私とPさんの場合・・・情と苦学生インパクトが先だったようです(笑)




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する