訪問者の方々へ
必ずご一読ください
   パスワードについて

オカネを稼ぐ方法

2020/05/11 15:36:48 | ◆愛人生活-Pさんとの日々- | コメント:0件

コロ助様ご乱心、こうも長引いてくると、いろいろ、いろいろ、出てきますね。





自分のところが目の回る忙しさなので、医療従事者はみんな同じに違いない…

か、と、思えば、どっこい。

患者さんが減って、時間を持て余している医療従事者もいるんですって???
そのことを先日知って、心の底から驚きました。
…確かにね、うちだって、急ぎではない手術はキャンセルになってて××病棟は空床みたいだし。
この間、用事があってクリニックに行ってみたら、閑古鳥もいいとこだったし。
診療科によるところなのでしょうか?

コロ助様ご乱心でいつも以上に忙しい、残業・休日返上も普通のこと…なのにお給料が増えるわけじゃない…なんて文句垂れてみるけれど(笑)
仕事が減らない(むしろ増えてる)、食いっぱぐれがない、という意味では、感謝するべきなのかな。






いろいろなことで、様々な生活形態の方々が、困窮し始めているというお話を耳にします。
個人だけでなく、企業単位でも、しんどい状況ですものね。
「だからと言って、国からそんな程度の支援を受けたところで…どうにもならないのが実情だろうねぇ…」
…と、Pさん。
国からのウン万円単位の支援金額を『そんな程度』と表現してしまうとは…世の中はそこまで行き詰っているのね…?
(↑ニュースで聞くことより、Pさんから直接聞くお話のほうがリアルに響いてくるので、私の経済判断はPさん基準のことが多いです。笑)




愛人生活中の方々もまた、苦しい局面を迎えているようです。
『定期的なお手当てを約束してくれるパパ様を紹介してください』
『ちゃんと客入りのあるソープを紹介してください』

そんなメールやコメントを、このブログを通じて何通かいただきました。

…そう、おっしゃられましても…
Pさん一筋になってしばらくたちますし、生活の範囲と言ったら病棟と自宅の往復(たまにPさんの会社のそばまでお出かけ)だけなので、申し訳ございませんが、心当たりがございませんで…。
(それよりも、私は『ちゃんと客入りのあるソープ』を知っているように見られているのね?そのほうが、むしろ驚きました。笑)





水商売、風俗業、フリーターの皆様。
コロ助様ご乱心で、お仕事のない苦しい日々が続いているうえ、世論からも厳しい言葉をあびせられて…
皆様、お気の毒です…お疲れ様です…。
もう、なんとお言葉をおかけして良いかすら、思いつきません。
上記、すべて経験があるので、もし私が従事していたときにお仕事がなくなる事態になっていたら…と考えると…本当に、胃がきゅっとなります。

水商売・性風俗業、実際に自分が経験したこともないのに非難する人、多すぎ。
本当に世の皆様、知りもしない世界をよくそこまで言葉汚く罵れるね???…と思うことがしばしばあります。
『罪を犯したことにないもののみ、この女を石で打ちなさい』と、罪の女(一説によれば姦通を犯した女、一説によれば娼婦)を石打ちの刑にしようとした民衆に放たれたジーザスっち(笑)の言葉を皆様ご存じない?


「こんな状況になっちゃって、仕事こなくてさー。なんかいいハナシない?
でも、お水とか、フーゾクとかは、ありえないわー。そこまで身を落としたくないしねー。」


自分のお金で叶えたいことがあるからこそ、体を売ってその資金を得ることも辞さないわけで。
何が何でも明日も自分で食べていくしかないから、職業にこだわりなく、採用してもらえた仕事はすべてするわけで。
…先日、久しぶりに電話をくれてそんなことを宣ったフリーランス業の彼女には…そんな価値観が…ないんだろうな…。






オカネを稼ぐ方法、ねぇ…
思い返せば私の場合・・・当時付き合ってたAさんのお金に頼れる関係性ではなくなってしまって…
OLしながら予備校に通って、予備校がない日はホステスをやって、土日は飲食のホールのバイトをして…。
看護学生になってからは、デリヘル、ホステス、直引き(笑)、深夜の運送の仕分け作業、早朝のお弁当詰め作業…手当たり次第にバイトして、それでも日中は授業や実習に出席して…。
そうやって、なんとか翌日のお米を買ったり学費の納期に間に合わせたりしたものです。

それを思えば、お仕事がある、Pさんがいる、今の状況が有難い。
例えダッシュしっぱなしの夜勤であっても(笑)コロ助様と隣り合わせの職場であっても(笑)





なりふり構わず必要なお金を稼いで明日の糧にする人、夢につなげる人、そんなわけで私は好きです。
そんな人たちのために、なにかできることはないかなぁ…と、思う今日この頃。
「運送業の深夜の仕分けなんかだったら、時給もいいし、こんなご時世だからすぐ採用してくれるってよ?最初のお給料が出るまでのあいだ、何だったらうちにご飯食べに来る?」
と、例のフリーランス業の彼女に言ってみたのですが…
「深夜の流通のバイト?早朝のお弁当屋さんの仕込み?
いや、そういうのはちょっとねー(笑)普通の時間の仕事じゃないと」


あっけなく却下されてしまいました(笑)

なにかできることはないかなぁ…と、思いつつ、空回りしております(笑)





関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する