訪問者の方々へ
必ずご一読ください
   パスワードについて

愛人の温泉旅行

2020/03/31 13:22:14 | ◆"Neo"楊貴妃の会 | コメント:1件

長年の夢が叶いまして…

先日、タマちゃんと温泉で過ごさせていただきました。
タマちゃんのお相手の男性に、『女性二人でゆっくりしていらっしゃい』とご招待をいただきまして…。
宿代、交通費、酒代…すべてお世話になったうえ、タマちゃんにも細やかにお心遣いいただきまして…。
楽しすぎるくらいの時間を過ごさせていただきました。
タマちゃん、本当にありがとうございました。
〇〇様にも、心からのお礼をお伝えくださいませ。






親友との温泉旅行も、同僚との温泉旅行も、もちろん家族との温泉旅行も、楽しいんです。
そこは、間違いない。
展望大浴場、ワイワイ騒ぎながらの食堂、持ち込みの缶ビール、お布団の上でのおしゃべり。
そういうのも、大好き。

でも…Pさんと行く温泉旅行は、格別。
上品なしつらえのお部屋で、おいしい(お高い 笑)お酒を、自分たちだけの露天風呂で誰の目も気にせずにいただく、すぐ隣にはどんなわがままを言っても優しく微笑んでくれるPさんがいる…
これが、「温泉旅行」なんていう言葉では言い表せないほど、幸せでして…(うっとり)。
やはり、そんな贅沢ができるのは、経済的に頼れるPさんがいるからこそ。

…だけど…もし…この贅沢な空間で女子トークができたらどれだけ楽しいだろう…と、夢を見続けて、はや数年。
夢を見てはみるものの、Pさんに連れて行っていただく宿と同じレベルの温泉に女友達と行くとなると、やはりお金がネック。
例えお金の問題をクリアしたとしても、同じバックグラウンドを持たない人の前では、どうしても『贅沢を知らないフリ』をせざるを得ないので、きっと心からは楽しめない…
と、いうわけで、愛人女性と温泉に行きたいという発想にたどり着いたわけです。(前置き長っ)





んで、この度のタマちゃんとの温泉、どうだったかと言うと。
めちゃくちゃ楽しかったです

もちろん、とても良いお部屋にご招待をいただいたうえ、タマちゃんがあれやこれやと世話を焼いてくれたのが、本当にうれしくて心地よかった、ということもあります。
でも、それ以上に…
愛人ネタも看護ネタも何でも話せて、趣味も同じ、お酒もイケる。
これまたタマちゃんが、私の至らないところ・人間的にマズいところも笑って受け流してくれる、温かい女性でしてねぇ…(ありがたい…)
そんな女性と、真っ裸で広い露天風呂に浸かって…『シラナイフリ』『ワルイコトシテナイフリ』なんてしないで過ごせる…。
これが、幸せでなければなんだというのでしょうか♪



タマちゃん、また行きましょう♪飲んだくれの高級温泉♪
そしてNeo楊貴妃の会の皆様、この度、愛人の温泉旅行の良さが証明(笑)されましたので、おすすめのお宿があればぜひ推薦してください。
皆で、のんだくれの素っ裸、語りまくりの夜を過ごしましょう♪




関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

2020/04/01(水) 09:38:58 | | #
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する