訪問者の方々へ
必ずご一読ください
   パスワードについて

Pさんと世界へ

2018/12/27 11:24:58 | ◆愛人生活-Pさんとの日々- | コメント:0件

クリスマス休暇をいただいて、Pさんと遠出しています。


世界有数のパワースポット。

癒されているか?自己解放できているか?
…の問いには、ノーコメント(笑)
珍道中、爆笑に次ぐ爆笑、であることは、間違いありません(笑)









今までの人生の中で、こんなに長く家族以外の男性と一緒に過ごしているのは、これが初めて。
24時間、マイナス、トイレの時間…くらいな勢いで、ずっと一緒。
それなのに、飽きない。

旅の途中で、何か一つは、関係性に亀裂が入るレベルの行き違いやケンカや発見があることを覚悟していたのですが、今のところありません。
それどころか、ガソリン入れたりでちょっとPさんが視界からいなくなると不安になるというくらいのベッタリ具合な私です。
(後追いしたいお年頃?笑)







パック旅行ではなく、フライトもホテルも現地でのイベントも、全部Pさんが手配してくださいました。
現地についてからは、Pさんのプランに沿って、私がガイド役を担っています。(運転はPさんにお任せ、ナビゲーションはカーナビにお任せだけど)

なんか…

Pさんと一緒なら世界中どこでも行けるような気がしています。
計画と実行はPさん担当、語学力と万が一のファーストエイドは私の担当。
早くも、『次はどこ行く?』と二人で話しています(笑)







…に、しても。
こんなに贅沢に慣れてしまって良いのだろうかと思う今日この頃。
座ったと思ったらシャンパン、グラスが空きそうになると次のシャンパン。

フラットに眠っている間についてしまう空の旅。

散らかし放題(笑)の広いお部屋。

爆睡してる間にPさんから、また、シャンパン。

夜、着飾ってお出かけ…のときに、一番最初に"hey beautiful!"と声をかけてくれたのは…Pさんではない知らない男性だったけど(笑)

「お金なら、また働けばいいんだよ」
はしゃぎつつお礼を言う私に、穏やかにそう答えてくれたPさん。
本当に、尊敬します。
日本に帰ったら、そうね、また頑張って働かないとね。






日本に帰ったら、ノンストップ勤務。
きっと年末も年始もないんだろうな。

でも、それでよいのです。
汗垂らして髪振り乱して(いや、清潔キャップは被るけど)、血液と排せつ物にまみれながら、他人の人生の岐路に寄り添うお仕事して…。
そうかと思えば、Pさんに手間と愛情とお金を注ぎ込んでもらって、脳みそが内側から溶けるようなバケーションもあり。


来年も、そんな一年でありますように。
…っていうか、この幸せすぎる非日常から、無事に日常に戻れますように(T_T)



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する