訪問者の方々へ
必ずご一読ください
   パスワードについて

Aさんの最新情報に、がっかり

2018/10/26 16:06:21 | ◆愛人生活-Pさんとの日々- | コメント:-件

少し前に、Aさんの行きつけだったバーに飲みに行きました。



…いや、独りで行ったわけではありませんよ(笑)



Aさんと付き合っていたころ、ずっと二人で通っていた、そのバー。
当時そこで修行をしていたバーテンダー、Cさんという方がいらっしゃいまして。(チャラいんだ、この男性が。だから、C、ね 笑)
AさんもCさんのことは可愛がっていらっしゃったのですが、今は私の方が彼と親しくさせていただいておりまして。
(ああ、この時のバーテンさんです)

Cさんとは、時々、プライベートで飲みに行かせていただいておりまして。
その日は、『懐かしい人たちや場所をめぐる夜』と銘打って、いくつかのバー巡るコースの中に、Aさんの行きつけだったバーも入れてみた、という流れでした。

Aさんの行きつけだったそのバー、Aさんの愛人としての私の主な舞台の一つだったそのバー、Cさんのスタート地点だったそのバー。
変わらないシガーの香り、私のハイヒールに軽やかな音で応える木目調の床、控えめな明かりを華やかに反射する大きな鏡…
そこで、出世したCさんと、おばちゃんになった(笑)私を迎えてくれた、変わらないマネージャーさんやベテランスタッフの皆様。
…その日はお客さんも少なく、皆で昔話に花を咲かせた夜となったわけですが…

…当然、Aさんの話題になりますよね(笑)
古いスタッフの一人に、ざっくばらんと言うか、由緒あるバーに似つかわしくなく口が軽いというか、それなのに不思議とゲストに愛されている方がいらっしゃるのですが…
ええ、その方から、しっかり、Aさん情報、聞かせていただきましたよ。
「え、だって、聞きたいでしょう?青木さん、本当はそういうキャラでしょう?Aさんと付き合ってたから控えめキャラ装ってただけでしょう?」
…ですって(笑)
さすが、よくわかっていらっしゃる(笑)


…Aさんは…
スタッフさんの言葉を借りれば、『ずいぶん落ち着かれた』とのこと。
私が離れてから、お仕事が変わって、今は以前ほどはそのバーに来てはいなくて…。
でも、時折、お仕事の方々と何人かでいらっしゃることもあるそうで。
Cさんと私が行った前の週には、奥様と息子さんと一緒に飲みに来られたそうで。
…Aさんがまだ女性を連れて飲み歩いているかは…まぁ…常連さんのことを隠すのは彼らの仕事の一部ですから、言葉を濁されてしまいましたが。
まぁ、バレバレでしたけどね(笑)


Aさんに飲ませてもらっていたお酒を、自分のお金で飲んでみたり。
肩ひじ張ってすまして座っていたカウンターに、ラフにリラックスして座ってみたり。
あの頃は私の名前を呼ぶことすらしなかったマネージャーと、今は対等に軽口をたたいてみたり。
そんなことをしながら、時の流れを改めて実感た、とても楽しい夜でした。






…と、書いてみたりもするけれど。
なんだか、すごく、がっかり。

Aさんは、いつまでも、ギラギラ、ギトギトしているんだと思ってた。
あのバーに奥様と息子さんを連れてくるような、『落ち着いた』なんて表現されるような男性にはならないと思ってた。
私と別れたら速攻で次の彼女を作るか、そうでなければいろいろな女性をとっかえひっかえするような…Aさんはそんな男性であり続けるんだと思ってた。

…どうか、本当は、もう決まった彼女がいて、それを隠すためにスタッフさんはあんな話を私にしたのでありますように…
と、思ってしまうくらい、がっかり。








…なんていう書きかけの記事を見つけた後日談は、こちら。


関連記事
スポンサーサイト