訪問者の方々へ
必ずご一読ください
   パスワードについて

勘違いするところだった

2014/11/09 12:41:45 | 過去記事 | コメント:-件

自分ととてもよく似た道を歩いていらっしゃった患者さんにお会いした。
2度のAI(人工妊娠中絶)の経歴、30中盤にして年の離れたパートナーとの間に婚外子を迎えようとしている妊婦さん。

彼女と私の違うところは、彼女は『三度目の正直』を迎えようとしている、ということ。
それを『三度目の正直』と知って全力でサポートすべき立場に立った私は…
改めて、自分のカウントダウンがもう始まってしまっていることを実感しつつ…
やっぱり、こみ上げる胃液と涙を堪えて、笑顔をつくる。







…っていうことが、あったの。
って、呟くことを許してくれる人を得たのだと、私はすっかり安心してたみたい。
今まで自分で抱えて自分で処理しようとしていたものを、ちょっとだけ受け止めてくれる人に出会えたと、勘違いしてたみたい。


でも、いざとなったら、やっぱり…
一番独りになりたくないときに、独り。
一番余裕のないときに、大丈夫なふりをしないといけない場に出くわす。
一番必要なときに、会いたいって言えない。


もう、そんなことには慣れっこだったはずなのに…
ヘタに期待なんかしちゃった後だから、やたらと辛い。
やたらと辛いところをかばって、びっこを引いた人格に戻りつつある自分を、どうしてあげることもできない。






勘違いするところだった。

でも、安心しきって全部預けちゃう前に気づけて、よかった。

『また同じことを繰り返すわけ?』
…繰り返さないように、勘違いしないで安心しないで、自分の足で歩いて行かないとね。


テメーのケツはテメーで拭け、って、ね。



関連記事
スポンサーサイト