訪問者の方々へ
必ずご一読ください
   パスワードについて

愛されてるなぁ…と感じるのです。でも…

2018/01/26 22:01:49 | ◆愛人生活-Pさんとの日々- | コメント:0件

高価なプレゼントをもらえた時、諭吉様をいただいたとき。
贅沢な旅行に連れて行っていただけたとき。
値の張るディナーに連れて行っていただけたとき、おいしいお酒を飲ませていただけたとき。
大きなお買い物をしてもらえた時、必要な日用品を山ほど買っていただけたとき。
愛されてるなぁ…と、感じるのです。
20180126.jpg


でも、それよりも更に愛されてるぁ…と感じるのは…

疲れて帰ってきたときに、普段お料理なんてしない人が、お鍋の準備をして待ってくれているとき。
髪の毛ぼさぼさ、ボロボロの通勤着のまま、もちろんノーメイク、アクセサリーなんて一つもつけていない…そんな私の手を取って、「お疲れ、今日も忙しかった?」と笑ってくれるとき。
一日走り回って汗臭いままの私を、抱きしめてくれる時。








愛されてるなぁ…と感じるのです。
お腹いっぱい、セックスの後のまどろみから目が覚めると…
彼の姿がない代わりに、洗い物がすべて片付いていて、私の枕元にお茶が一杯置いてあるとき。

愛されてると感じるのです、でも、同時に、思うのです。
ここまでしてくれるのに、やっぱり、お家に帰っちゃうんだなぁ…と。
おうちに帰らないといけないかからこそ、ここまでしてくれるのかなぁ…と。



愛されてる、と私が感じる、数々の事柄は…
その程度にしか愛されていないことを、これでもかというほどに、再認識させてくれるのです。


『そんなことないよ』と、彼の声色で頭の中で呟いて、まだ温かいベッドに戻る。
明日は夜勤。
しっかり寝ないと。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する