訪問者の方々へ
必ずご一読ください
   パスワードについて

結婚…するみたいですよ?

2017/06/14 11:11:03 | 結婚しそうになった時のこと | コメント:2件

お互いに夜の勤務が続いて、なんとなく、寝つけなかった夜。

アイスでも買いに行こうか

と、彼のお家を出て。

そのまま、アイス片手に夜のお散歩。





「ウチ、見ていく?」
…と、彼が唐突に言った『ウチ』とは、もちろん彼の実家のこと。
イイともイヤとも言わないまま2人で歩いて、たどり着いたところにあったのは、大きなイカニモな日本家屋。
「大きなお家で育ったんだね」
…と、私が言い終わるか言い終わらないかで、
「いつ、来る?」
…と、彼。



…ん?('◉⌓◉’)
ナンノハナシ?






ぽかん、とする私に、
「親父たちは、いつでもいいってさ」
と、彼が続けていうので、やっと、実家への挨拶ね、と理解することができました。
「んーと、こんなに早くに、伺っちゃって大丈夫なの?」
なんとか、そう言って返したら
「時間をかけたからといって、それが正しいとは限らない。時間をかけても全部わかるわけじゃない。…って、この間、2人で話してたやん?」
彼は、ちょっと悲しそうな、意外そうな顔をしていました。

「来月のシフトが出たら、都合の合う日を一緒に探そう」
笑顔でこのお話をまとめたものの、なんだかすごくドキドキしてしまって…




嬉しくてドキドキ、というよりも…
不意打ちで婦長室に呼び出された時のドキドキに近い…(汗)







今になって、
「結婚を前提にして付き合おう」
と、彼のあの言葉が現実味を持ってきました。

…どうやら私、結婚するみたいですよ??







関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

2017/06/15(木) 12:04:30 | | #
このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2017/06/15(木) 19:41:00 | URL | えり #eAb5nx9M
こんにちは。
とてもつまらなくなってしまいましたね(笑)

でも、客観的には一見幸せで良いことなんだろうなと思います。
一見、というのは妙子さんの本当の気持ちは読者の私にはわからないからという意味です。

でも幸せになれる人なんだと思います。
どうかよい人生をお過ごしできるようお祈りしています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する