訪問者の方々へ
必ずご一読ください
   パスワードについて

既婚者きらい

2017/05/01 04:13:40 | ◆Pさんと別れていた間のこと | コメント:2件

自分のしてきたことを棚に上げて、言ってみる。
酔っぱらってるしね。

これだけ長く愛人やってるからか、いろいろな既婚者に出会ってきました。
自分がお付き合いしてきた男性たちはもちろん。
結婚していながら、奥様以外の女性とお付き合いのある男性方。
結婚していながら、ご主人以外の男性とお付き合いのある女性方。


愛人生活は十人十色、いろいろな背景、本人にしかわからない事情がある。
…それでも…
既婚者不信な、今日この頃。




人間って…
誰かを選んで、誰かに選ばれて、一緒に生きていくことを誓って…
それなのに、そこに足りないからって、その相手以外と深い関係を作ろうと思えるものなの?

婚外の息抜きがあるから、配偶者との関係を保てる、とか言ってみたり。
家庭を手放さないくせに、おうちの外で愛をささやいてみたり。
それはそれ、これはこれ、と言ってみたり。

…なに?そういうものを全部ひっくるめての、「パートナー」なの?「一緒に生きていく」なの?



長年のお仲間女性の皆様と、ご主人がありながら家庭の外でオンナを楽しむ女性の話題になるたびに、
「好きで結ばれて、世間にも認められている間柄を大切にしないなんて、なんてもったいないことを…
もし私が、あの人とそういう関係になれたら、あの人だけ見つめて生きていくのに」

そう、ため息をつきあったものです。
(愛人と一口に言っても、一途に一人の男性を慕う女性も多いのですよ?東のM様とか西のM様とか








目下、私が理解できないのは、Pさん。
家庭を選んで、今の生活を保つと決めたはずの人なのに、折につけLINEや出張先からのお土産を送ってきてくれちゃってます。
「僕は、一生、何らかの形で妙子との関係を続けていくつもりだから」
…そう、Pさんは、確かに言い続けてきてはいるけれど…
別れて早々にこんなに頻繁に連絡されたんじゃ、私の神経がもたない。

思い出させないでよ
私だけが勘違いしてたんだってこと、繰り返し繰り返し突きつけないでよ

…しかも、さぁ。
連絡くれるときって、Pさんの出張中に激しく偏ってるんだよね。
要は、おうちに帰らなくて寂しいから、私に連絡してるわけでしょう?

…で。
イラっときて、お返事しときました。



Pさんなんか、傷つけばいいんだ
…と、思って送った言葉だったけれど…
この後、Pさんからお返事が来なくて、自分が送ってしまった言葉を大後悔。


もう、だめだぁ…









既婚者、きらい。
既婚者、信用ならない。
「いつか、妙子にもわかるときがくるよ。
夫婦で過ごす時間が長くなって、女性として扱われたいと思う日が来たら、僕は変わらずにここにいるから」

Pさんの言葉が呪いのように蘇る。

…いつか私も、その気持ちがわかるようになる日が来るの?
…来ちゃうの?

でも…
もし、その日が来てしまったとしても、自分がやられて嫌だったことはほかの人にしたくない。
「好きな人が家に帰る」苦痛を、誰かに与えるようなことはしたくない。

…なんて、キレイごとなのかな。





自分のやってきたことを、高い高い棚の一番上の段に上げて、のたまってみました。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

2017/05/03(水) 09:57:03 | URL | ろ #-
人間関係には、理解する必要が無いものもありますから手放せば良いときではないですか。

あなたは、たった二人しかお付き合いをしていない。
(沢山の「周りの」既婚者は同族ですからカウント除外です)
まだまだ次の恋は出来ますよ。

普通に失恋をした女性は、元彼が別れてからも連絡をしてきたら「都合の良い関係に持ち込もうとしている」とブロックしますよ。

そんな判断がそろそろあなたを救う時ではないですか。
「既婚者って~」という本筋から離れた思考はあなたの足を引っ張るだけです。

家庭を大切にしている既婚者も、エリートも、イケメンも沢山います。
それはあなたが、まともではない元彼たちの思考を探っている限り、目にすることは出来ません。

Pさんへ、別れた独身女性をストーキングしてるんだから、どうせコメントもチェックしてるんでしょう。
失礼ながら、世間的にはあなたはキモいジジイです。目を覚ませ、Fランジジイ。

そしてあなたの所業は、そろそろ犯罪です。
連絡やお土産なんてストーキングは直ちに止めることです。
妙子さんがブログで再三、言外に要求しているのはお土産じゃなくて追加の慰謝料よ。
あなた、それしか目当てにされてないのよ今や。
分かったらそれ以外は連絡しないように。

妙子さん、場を借りまして失礼しました。

管理人のみ閲覧できます

2017/05/03(水) 19:11:02 | | #
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する