訪問者の方々へ
必ずご一読ください
   パスワードについて

❸さんとの結末

2017/04/21 14:47:47 | 結婚しそうになった時のこと | コメント:0件

❸さん。
法曹界に身を置く夫Getか???でしたが…

結果…
ご縁がありませんでした♪


クリスマスデートしたり、バレンタインを過ごしたり、ホワイトデーを過ごしたり、お花見をしたり。
お引越しのお手伝いをしたり、お弁当を作ったり。
色々、していったのですが…

生々しい話ができなかったのが、致命的でしたねぇ。

いや、ね。
何かのきっかけで、性的な話に入ったことがあって。
私も、私なりに、意見を述べたわけですよ。
以下原文のまま(笑)って感じで書けば、
「私は、子づくりだけじゃなくて、夫婦であっても両親であっても、男女としての触れ合いは大切にしていきたい」
と、発言しましたところ。
とたんに、❸さん、黙りこくってしまわれまして、お花見してたのに帰ってしまわれまして。
数日後、考えさせてくださいとLINEが来まして。
そのまま、2週間経過中。


はい、終了♪ってことよね?これ?


そーいえば、出会ったばかりの頃、女性らしい恥じらいがある人が好み、みたいなこと言ってたような気もする(笑)
そーいえば、私が仕事の話(授乳とか、受胎調整とか、不妊治療とか、産後の避妊とか)をするときには、ちょっとイヤそうな顔してた気もする(笑)




いや、性的な会話のときに意見を述べたことだけで、すべてが崩れたとは、私も思ってないですよ?
たぶん、違和感があることとか、合わないなと思うこととか、慎重に判断をしたいなと思うことが、いろいろ積み重なった結果であるんだろうな、とは思うんです。
でも…
いい大人の男性、しかも、社会的な地位もある人が、LINEからの自然消滅って、どうなのよ(笑)






と、いうわけで、担当者に結果報告ついでに、結婚相談所そのものも退会してしまいました。
(↑これは、Pさんからのお手当てがなくなった財政難に関連してます 笑)

婚活、ほんと、大変(ため息)



関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する