訪問者の方々へ
必ずご一読ください
   パスワードについて

もう、限界だった

2017/04/02 14:56:35 | ◆Pさんと別れていた間のこと | コメント:4件

Pさんとの関係が終わる直前のこと。
夜勤に出る前は、Pさんと電話をしてから出かけることが多かった。
その日も、私は家を出る準備をしていて、Pさんは出先から電話をくれて。
「じゃあ、オフィス戻るから」
と、バイバイしたはずだったのに、Pさん側で通話終了を押し忘れたらしく。
私も私で、スピーカーにして作業をしながら話していたので、手を止めずにそのまま電話越しのガサゴソを何気なく聞いていたら
「あれ、〇〇(お子様の名前)は?」
「うん、・・・で-------」
そんな声が聞こえてきて…
直感的に、Pさんはオフィスに戻らずに、家に帰ったのだと理解した。

その夜の勤務は、どうも、お腹がすかなくて。
ついでに、ちょろっと嘔吐したりもして。
風邪をひいたばかりだったので、薬に胃をやられたのかな、程度に感じていたけど…




先日、Pさんが私の部屋に荷物を取りに来るといった日、私はあえてその時間に家にいなかった。
…本当は、今まさに帰ろうとしているPさんの後ろ姿に追いつきそうになったけれど…
さっき食べた鯖定食がこみあげてきて、私はPさんに声がかけられなかった。

暗いご近所の夜道で、自分が散らかした鯖定食の掃除をしながら、自分がもう限界だったことに気づいた。
家に帰るPさんを、笑って見送ることにも…
そのことを責めると「だって僕は最初から夜は家に帰るって言っていたよね?」と開き直るPさんにも…
独りでこの部屋に残されることにも…

こんなに、こんなに、限界だったことに、今更気づいた。









部屋に戻って、ふと、ベッドサイドを見て愕然とした。
唯一持っていって欲しくなかったものが、そこになかった。

離婚・再婚はあり得ないとPさんが答えを出した後に、自分で買ったペアリング。
それが、片方しかなかった。


せめて、これだけは、いつも二つ一緒にあって欲しいと…
せめて、これだけは、Pさんのおうちに帰らないでここにあって欲しいと…
せめて、これだけは…
これだけは…

その想いは、Pさんに届いていなかったんだね。
いくらPさんが指輪を家に持って帰りたがっても、絶対にそうさせなかった理由は、Pさんには伝わってなかったんだね。
結局、私は何一つ、Pさんをこの部屋に引き留めることができなかったんだね。

…そりゃ、限界にもなるよねぇ…





さて。
ひとり身になって初めての夜勤。
行ってきますか。

限界を振り絞って、今日生まれる命に、あらん限りの愛情を注いできましょう。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

2017/04/03(月) 02:54:43 | | #
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2017/04/03(月) 13:16:26 | | #
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

2017/04/04(火) 01:24:59 | | #
このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

2017/04/21(金) 14:47:29 | URL | 妙子 #eAb5nx9M
【2017/04/03 02:54】ヨ**様
いらっしゃいませ。
食事、のどを通らないのに、お酒飲んでるので体重は変わりません(笑)
体動かす仕事なので、なんだかんだ食べてる、ということはあるかもしれませんが(笑)

お体をお大事になさって下さい。
良い出会いがありますように…


【2017/04/03 13:16】ネ**様
いらっしゃいませ。
温かいお言葉をありがとうございます。
仕事があるから、生活リズムも食欲も、それでも誰かに笑いかける気持ちも忘れずにいられます。
そういうものがあるって、本当に有難いこと。
…そのことを、忘れないでいたいと思います。

【2017/04/04 01:24】ゆ***様
いらっしゃいませ。
ストレスが胃に来る方、多いですよね…
お互い、気を付けましょう。
あたたかいお気遣いをありがとうございます。
かんばります、それしかないです(笑)
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する