訪問者の方々へ
必ずご一読ください
   パスワードについて

年明け、素敵な女性たちとの愛人初め

2017/01/06 17:57:59 | ◆"Neo"楊貴妃の会 | コメント:0件

西のM様
10年前の今頃、初めてコメントを頂いた女性。
その数か月後に彼女のお住まいの地域に押しかけた際、柔らかく力強く背中を押していただいた記憶は、色鮮やかにこの胸に残っています。
そこから、メールのやりとりをさせていただき、お茶会にも何度かご参加いただき…
私が辛かった時に、湯たんぽのようなお便りをいただいたこともありました。
彼女がお辛かった時に、お心の内を聞かせていただいたこともありました。
配達のお兄さんが届けてくれた、彼女からのおあま、彼女ご自身の音を抱いた封筒…思い出は尽きません。


東のM様。
10年前の今頃、お茶会開催の際に初めてご連絡を頂いた女性。
良く晴れた冬の新宿、大きな窓ガラスの向こうに広がる青空をバックに、私から見て右奥の席で、匂やかに微笑んでいらっしゃったお姿が忘れられません。
その後、私がブログのお引っ越しをしても名前を変えても、彼女のほうから私を見つけて、細く強いご縁の糸を繋いでくださいました。
先日のお茶会で10年ぶりにお会いした彼女は…
まるで、デカンタージュした後の、上質な赤ワインのようでいらっしゃり…
10年たっても変わらず魅力的、そして、10年たったからこそ魅惑的。
再会が、とてもとても嬉しかったです。



そんな、東西のM様たち。
ご年齢もほぼ同じ、愛人さんとして過ごしている時間もほぼ同じ、ついでにお付き合いしていらっしゃる男性のご年齢も近い。
ふんわり、たおやか、タイプの違う色気をお持ち。
…かと思えば、それぞれに方向に芯が強く、誤解を恐れずに言わせていただくなら『頑固』でいらっしゃる(笑)

このお二人、お引き合わせしたら面白いんじゃないかしら?
…と思って…
実現させてしまいました、東西M様、お引き合わせの会。
お引き合わせしてみたら、さらに、近しい点をいくつも発見。
お二方のお話を伺っていて、軽く疎外感、そしてジェラシーを燃やしてしまいました(笑)




愛人生活。
隠しておかないといけないこと、あえて素通りしなくてはいけないこと…たくさん、たくさん、あって。
その世界を見ているのは自分一人だけなのではないか、もしかしたら自分自身が水面に映る虚像なのではないか、と思ってしまうこともあります。
20170105.jpg
でも…
こうして、秘密をあえて言語化して語り合える人がいると、急に世界の見え方が変わったりして…
人との関わりの不思議さ、影響の大きさ、そして有難さを、しみじみ感じます。





西のM様、東のM様。
お二人に挟まれて過ごさせていただいた時間が、とても幸せでした。
ありがとうございました。

とても近い秘密をあえて言語化するご関係が、どうか、お二人に有益なものとなりますように。
そして…
これからも、私とも遊んでくださいね(笑)




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する