訪問者の方々へ
必ずご一読ください
   パスワードについて

最近よく見る夢

2016/09/25 21:08:00 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:0件

最近、よく見る夢。



いつもの病棟。
いつものナースステーション。
いつものちょっと高めのカウンター。
申し送り専用のPCを挟んで、患者フォルダを覗き込みながら向き合っているのは…

Pさんと、Aさん。

まるで、出血量を申し送るように、血圧と最終服薬時間を申し送るように…
私、について申し送る、中年男性2人(ユニフォームではなくスーツ着用)。


そんな2人をステーションの扉の外から眺めている、という夢を、最近ときどき見ます。




夢の中の私は、不思議と、よかった、ちゃんと2人ともわかってくれてるみたいと、安心して2人の姿を見ています。
20160925.jpg
「悪い感情がない状態で思い出せるようになったっていうことは、無事にリハビリが終わったっていうことなのかもね」
夢の話をPさんにしたら、そんな穏やかな言葉が返ってきました。





Aさんとの関係が終わってもうすぐ2年。
いまさら申し送りって、どうなのよ(笑)…と、医療職者的には思ったりもしますが(笑)

受け持ってくれてありがとう。
私を見て、解ろうとしてくれて、ケアしてくれてありがとう。
そして、一緒にいた時間が、シフトが終わるのと同じように終わったことを、きちんと理解できた…
つまり、そういうことなのでしょうか。












申し送りを受けた側のPさんとの時間も、シフトの終わりとともに、いずれ終わっていく…のかな…

今度は、Pさんから、誰に…『私』は送られるのかな…
私はそれを、どんな気持ちで眺めるのかな…




関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する