訪問者の方々へ
必ずご一読ください
   パスワードについて

早めのホワイトデープレゼント

2020/03/05 11:32:56 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:0件

早めのホワイトデー、ということで。Pさんがウニを取り寄せてくださいました。今までにも何度かそのお店から取り寄せたことがあるのですが、今回はイベント商品ということで。「いわば、B級品、になるんだけど、どんなものかなと思って」と、Pさんがオーダーしたそのお品。たしかに、これまでのものと違って、ウニたちが整列してるわけでもないし、色も大きさもバラバラ。箱に詰まった様子を見てると、そんなに量もないように見え...続きを読む
スポンサーサイト



最後の夜に

2017/03/31 17:00:13 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:2件

『最後の夜に』 幸島美登里...続きを読む

さいご、が、はじまる

2017/03/30 12:15:45 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:6件

何度も何度も何度も結婚、やめるPさんの傍にいるそう、言いかけた何度も何度も、その言葉を飲み込んだよかった今日まで、なんとか、その言葉を口にせずに過ごすことができた。さてもうすぐ最後のときを一緒に過ごすために、Pさんと旅に出ます。さいご、が、はじまる。桜も咲いちゃったしね。...続きを読む

次にこの席に座る女性を想像してみる

2017/03/17 00:31:17 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:0件

Pさんの住む街にある、小さなお店。愛人として、相手のテリトリー内にお気に入りのお店があるって…どうなのよ、とは思うけれど。そのお店のメニューも、雰囲気も、そこでPさんを待つ時間も、全てが好きなのだから仕方がない。お別れまで、あと、ほんの少し。どうしても、もう一度だけ、ここでPさんとお昼ご飯がしたかった。…言葉にしなくても私のそんな思いを汲んで、スケジュールを調整してくれたPさん…ありがとう、と言葉には出...続きを読む

最後の海外旅行

2017/03/03 13:37:50 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:0件

Pさんと、日本脱出しています。きっと、これが、Pさんと一緒の最後の海外旅行。広すぎる、席黙っていても運ばれてくる、美味しいお酒。隣の席なのに、すぐ隣にいないPさんに、遠いだの寂しいだのと甘ったれた文句を言いながら過ごす、雲の上。そういえば、Pさんと一緒に過ごすようになってから、飛行機に乗る機会がすごく増えたな…と、窓の外を見ながら気づく。前は、飛行機に乗る=自分の出張、だったけれど…Pさんと一緒に飛行機...続きを読む

春が、くる

2017/03/01 12:40:58 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:0件

年が明けてから…夜勤のたびに、空が明るくなる時間が早くなっていくのを感じてきました。夜明けの時間が気になるなんて、人生で初めて。空が明るくなる時間が早くなる…少しずつ、空気があたたかくなる梅が咲く新芽が吹くそしてPさんとの関係が終わる日が近づく梅が散って、新芽が吹いて、桜が咲くころ、私は、ひとり。(あれ、似たような歌詞がどこかにあった気がする 笑)春なんか来なければいいのに時間なんて経たなければいい...続きを読む

淫夢

2017/02/01 16:25:38 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:2件

Pさんに、弟がいたなんて知らなかった弟、というより、双子みたいにそっくりなのねでも…弟さんのほうが、ちょっとワルそうな顔をしているのは…ヤンチャなお兄ちゃんと育ったからなのかな「大丈夫、触ってごらん」私を背中から抱えるPさんが、私の手を持って、弟さんの下半身に誘導する恐る恐る触れたソレは…形も、硬さも、温かさも、Pさんそっくりで…でも、ほんの少しだけPさんよりも大きくて…入れ替わりに、弟さんの手が、私に向...続きを読む

日の当たる場所

2017/01/30 15:06:52 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:0件

久しぶりの連休。昨日の準夜が終わったのが遅くて、ちょっと…いや、かなり寝不足だけど。4月並みの気温ですって?こんなにあたたかいのは久しぶり。Pさんのお仕事が終わるのを待って、まったりコーヒー中。幸せ♥何にもしないで、好きな人を待つ時間って、何物にも替えがたい。明るい時間に街を歩いてここに向かっているPさんの姿を想像するだけで、楽しい。ランチを頂いたのは、都内某所。ここは、十何年も前、まだ二十歳になった...続きを読む

そこに、私はいない

2017/01/28 15:19:06 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:0件

もう、何度か参加させていただいている、Pさんと**クラブのお仲間内の旅行。一回旅行が終わるたび、反省会を兼ねて飲み会をして、その場で次の旅行の行き先を決める…のがいつもの流れ。「○○日が、次の集まりでさ。今度は、**が幹事で、行き先はーーか~~かな」Pさんの言葉に、私は、 「そっか」としか、言えなかった。私はーーよりも~~に一票。**さんが幹事か、じゃあ、ちょっとファンキーな旅程になるかもね時期はいつ...続きを読む

繰り返したくない、繰り返さない

2017/01/11 23:12:18 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:3件

Aさんと別れた時のようなことは、繰り返したくない。だから笑顔で、言うの。落ち着いて、言うの。心から、その言葉を口にするの。ありがとうって。私は、Pさんに、救われたんだよ。私は、Pさんの隣にいられて、幸せだったんだよ。そして…私と一緒に生きていくことはしないとPさんが決めた、あの夜の約束通り…Pさんとの別れから最低でも1か月の時間をおいて、寂しさに流されず、苦しさのなかで藁を掴むのでもなく…私は、冷静に、次...続きを読む

愛人生活、卒業日決定

2017/01/06 18:00:34 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:0件

この一年くらい、何度も何度も、繰り返し…Pさんとの間で話題になっていたこと…私が結婚相手を探すにあたって、いつ、Pさんとの関係を終わらせるのか…ということ…私が苦しむぶん、Pさんにも隣で苦しんでほしいとかPさんがそばにいても、それでも好きになれる男性を選びたいとか私から言ったこともあった僕がそばにいることが、結婚相手を選ぶ上で妨げにならないかとか僕が離れたら、それはそれで、妙子が寂しさに任せて相手を選んで...続きを読む

Pさんが私に求めるもの

2016/12/21 21:37:18 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:1件

自分が結婚に求めるものが何なのかを整理できたころ、Pさんにも、聞いてみました。「Pさんにとって、私は、なぁに?」お腹いっぱい、お酒も飲んで、セックスのあとのうたた寝から、ちょっとだけ目が覚めたタイミングを狙って…不意打ちのように投げかけられた私の問いに「えーと」Pさんは軽く笑って「寝ぼけけてて、うまく言えないけど…。一言で言うのは難しいけど…」目を閉じたまま、ゆっくり、言葉にしてくれました。「心のよりど...続きを読む

幸せな朝

2016/12/12 13:46:15 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:0件

久しぶりに、Pさんが私の部屋にお泊り。思う存分寝坊をして、Pさんの空腹が限界に近づいたころ、もそもそ起きだしてご飯の準備をする…冬の寒い台所に立って…ポットの湯気コーヒーの香り手作りのコンポートバタートーストが焼ける音昨夜、下ごしらえしておいたスープPさんのリクエストの、半熟目玉焼きシャンパンの残りをすすりながら、クリスマスソングをかけて…リビングから聞こえてくるのは、Pさんが電話をする声。ニュースでも...続きを読む

B面担当

2016/12/06 02:41:15 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:0件

早めの冬休みを利用して、Pさんに同伴して、南の国に行ってきました。現在位置、帰りの飛行機。諸事情により、今回はPさんから少し離れた席。ひとりで音楽を聴きながら、心地よい旅疲れに浸っています。本当は、考えなきゃいけないことがたくさんあるんだけどな。結婚相談所のこと、次に迫ってきているお見合いのこと。実家の両親に言われた、今後の生き方をそろそろ決めなさいよ、ってこと。先日、初めて行った不妊治療クリニック...続きを読む

お財布がキャンプファイヤー(笑)

2016/11/25 22:19:08 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:0件

今さっきのPさんとの会話、自分の口から出た表現がなんとなく気に入ってしまったので(笑)、ちょろっと書いてみたくなりました。早めの冬休みを頂いた私ですが。こんなタイミングで、Pさんはお仕事が佳境、おうちもちょっと大変な状態。「なんだ、今日あたり、××(行きつけのエステ)にでも行ってるんだと思ったよ」と、いう、電話口のPさんの言葉もごもっとも。いつもの私なら、Pさんに会えないぶんエステ三昧~お酒三昧~のお休...続きを読む

スーパームーンの夜に

2016/11/14 22:15:21 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:0件

「雲の合間から月が見えるよ、コンビニに行ってくるとか言ってお散歩に出てみたら?電話できる?」…と、すでに帰宅していたPさんをそそのかしてみました(笑)数分後にお電話をくれたPさん。なんて優しいのかしら。「いつもの14%も大きく見えるんだって、次にこの大きさで見えるのは18年後なんだって」そういった私に、「18年後も、一緒に見られたらいいね」Pさんは間髪入れずに、そう返してくれました。きっとPさんは、本心でそう...続きを読む

「人の道をはずれることはできない」

2016/11/10 19:26:54 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:3件

まだ、あれは夏が終わっていなかったころ。結婚相談所について、どうしようかまだ悩んでいたころ。Pさんと話をしていて、すごく印象に残った言葉があった。それは、「人の道をはずれることはできない」というもの。なんの話をしていてそうなったのか、ハッキリは覚えていないけれど…結局Pさんが家庭を捨てない選択したことを責めるような発言を私がしたときに、Pさんはその言葉を発した。その言葉の中には、自分の都合で夫婦関係を...続きを読む

かぼちゃパーティー

2016/10/31 21:35:13 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:0件

新鮮な南瓜が丸々ひとつ手に入ったので、Pさんを呼んで南瓜パーティーをしてみました。南瓜のシチュー、南瓜の揚げないコロッケ、南瓜プリン。せっかくなので、南瓜のコロッケにJack-o'-Lanternの絵をソースで描いてみたら…悲惨な結果に(笑)左2個は妙子、右端はPさん。なんか…Pさんが描いた顔が、1番安らかな顔してる気がする(笑)どのみち、Jack-o'-Lanternではないですが(笑)そんな、ささやかなハロウィンパーティーを経て...続きを読む

幸せだった私がいるところ

2016/10/29 03:11:53 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:0件

秋の人事異動で、私もちょっとだけ動きました。2度目の中絶手術から、ずっと目指してきた部署。妊娠・出産の『最前線』であり『クライマックス』である場所。そこへの異動の直前に、実家のお墓参りの予定が入りました。こりゃ、ご先祖様に呼ばれたな、と感じて、ちょとハードなスケジュールの中、強行軍で行ってきました。家族を乗せた車で、北に向かうにつれて紅葉で鮮やかになっていく山肌を見ながら…初めてこの道を通った日のこ...続きを読む

どの道、後悔する日がくる

2016/10/04 23:10:27 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:2件

初代ブログから数えると、10年以上『愛人ブログ』を書いています。いかにお金をかけてもらうか、ということを前面に押し出していた時期もありました。日陰の立場から一人の男性を思い続けることの充実感を文字にすることが、自分にとって大切だった時期もありました。愛人とキャリアOLの二足わらじの日々を綴ることが楽しかった時期もありました。名前を変えて、人工妊娠中絶と風俗経験に焦点を当ててブログを更新していた時期もあ...続きを読む

最近よく見る夢

2016/09/25 21:08:00 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:0件

最近、よく見る夢。いつもの病棟。いつものナースステーション。いつものちょっと高めのカウンター。申し送り専用のPCを挟んで、患者フォルダを覗き込みながら向き合っているのは…Pさんと、Aさん。まるで、出血量を申し送るように、血圧と最終服薬時間を申し送るように…私、について申し送る、中年男性2人(ユニフォームではなくスーツ着用)。そんな2人をステーションの扉の外から眺めている、という夢を、最近ときどき見ます。夢の...続きを読む

読者さまget(笑)

2016/09/17 11:30:24 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:0件

ある日。Pさんと話していて、何かを調べさせてもらおうと思ってPさんのスマホを借りたら…何やら、履歴?の中に見覚えのある文字並びが…再現↓あれ?Pさんも読者?知らんかったー爆笑 (((o≧▽≦)ノ彡バンバンいったいどこで見つけたのやら(笑)別に見られてまずいものはないけど…あーびっくりした(笑)Pさんがこんなに簡単に?見つけられたと言ういことは…結構、リアルで知ってる人も読んでたりして(汗)...続きを読む

どう生きていきたいのか、女性として、オンナとして、XXとして

2016/09/09 22:02:36 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:0件

仕事柄、女性が母親という側面を得る過程に日々たずさわります。お腹に抱えた小さな命とともに、自分の中に芽生えた母性を大切に育て、分娩の時を迎えダイナミックに変化する女性たちに、日々かかわります。仕事柄、男女の関係が大きく変わる瞬間を、日々目にします。『夫婦』から、『両親』へ。『男女』から、『家族』や『協力者』etcへ。場合によっては、『恋人同士』から、急ピッチで『両親』へと自分たちを変えていく決心をす...続きを読む

Love is in...

2016/08/15 22:56:14 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:1件

ああ、あの日から、半年たったんだ。結婚して、を口にしてから9か月後、一緒になるのは難しい、と、はっきりしたお返事をもらった。そこからさらに5か月後。僕にも、立場があるわけで…そんなあなたの言葉を聞いて、やっと、私は受け入れることができた。…自分の想いが拒否されたのだということを…そして私は、"Love is in"のアプリを消した。Pさんとやり取りしたハートの数は、735回。…いくらデジタルなやり取りをしても、もう想い...続きを読む

夏休みに行ってきます♪

2016/08/12 11:13:29 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:0件

「白衣」であることに間違いはないけれど(笑)フレアスカート、風に舞う柔らかい素材。そう、ここは病棟ではないのです(笑)夏休み、なんとかもらえたので、少し涼しいところにPさんに連れて行っていただきます。…シフト制なので、お休みがバラバラ…合わせてくださるPさんに感謝です。長いお休みがなかなか取れなくて、先の予定も立たなくて…気軽にPさんと海外に行けたり、出張について行けたりしてた頃が懐かしい(T_T)...続きを読む

夏のあの日を乗り越えるとき

2016/07/31 23:54:38 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:0件

その道のりも、その山深さも、宿の佇まいも、お香のかおりも、土の壁も、とめどなく流れるお湯の音も…その向こうにいるのが、貴方であることが、不思議だった。「なんか…不思議…」何度、口に出してそうつぶやいたか、わからない。私がそうつぶやくたびに、「そう?」貴方がいつもどおりのトーンで言ってくれるのが、本当に嬉しかった。夜勤明け、温泉であたたまって、お酒が入って、ご馳走でおなか一杯で…泥のように眠って、ふと目...続きを読む

Pさんの『そんな姿』を、見たかった。

2016/07/21 15:54:02 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:0件

夜勤明け、一度帰宅してシャワーだけ浴びて。真夏の大雨のなか、朦朧とした頭で、家を出ます。お気に入りの紅茶屋さん。昨夜は緊急帝王切開が3件に経産婦さんの経膣分娩も重なって、夕食休みも仮眠も取れませんでした。空腹感なんかとうに忘れて、アイスティーにもうかなりシロップを入れているのに、甘さもほとんど感じないくらい感覚が鈍ってるみたい。緊急帝王切開が3件も重なると、スタッフの少ない夜の病棟はパニック。パニッ...続きを読む

月の夜に

2016/06/22 02:15:37 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:3件

月がきれいだったので、 飲みに出かけることにしました。せっかくなので、久しぶりに会うバーテンダーさんに…Aさんと私の関係を知っているバーテンダーさんに会いに行くことにしました。その人に会って…Aさんとの関係が終わったことを報告して…思い出話をたくさんさせていただいて…Aさんと過ごした十数年の間で、自分がAさんから、どれだけのことを学ばせていただいたかを思い出しました。Aさんの隣で飲んだお酒を久しぶりに飲ん...続きを読む

『**に言いつけるぞ』

2016/06/17 20:23:21 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:2件

先日、久しぶりにブログを更新したにもかかわらず、カウンターが回り、コメントもいただいてしまいました。長年お付き合いくださっている読者様には、感謝の気持ちでいっぱいです。再開したならちゃんと記事更新しなさいよ、と、発破をかけてくださる方もいらっしゃいます。ブログを書いている身としては、ありがたいことです。妙子の名でブログを再開してから、そろそろ1年たちますが。いくつかの理由で、あまり記事の更新ができ...続きを読む

また、この街に来てしまった

2016/06/07 16:59:40 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:2件

こんなに更新をサボっていたのに、まだカウンターが回っている。ありがたいです。夜勤明け、Pさんの地元で待ち合わせ。ここは、Aさんとの関係が終わって、Pさんとの関係が始まった夜に来た街。秋にそのことを確かめに独りで来たこともあった、そのときに、もう来ないと決めたような気もする(笑)…なぜ、そんな場所に来てしまったかと言いますと…なんでだろうね(笑)夜勤明けで頭働いてないからかな。Pさんに招かれたからかな...続きを読む

春の新企

2016/04/24 02:19:44 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:0件

…と、題名をつけて記事を書こうとしたのが、桜の頃でした。いつの間にか、春過ぎて夏きにけらし…とまではいきませんが、「新企画」の内容をどう書いたものかと悩んでいるうちに時間がたってしまいました。相変わらずバタバタしてはいますが、Pさんのとなりで過ごしています。私のベッドで眠りこけるPさんを横目に見ながらお料理をするひとときを、この上なく幸せに思ったり…老後の計画を語るPさんに、「でも、それに連れていっても...続きを読む

落ちつきました❤︎

2016/03/18 22:09:14 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:0件

一次試験が終わり、二次試験に進み…現在、結果待ち。山を乗り越え、早速、Pさんに連れ出していただいています。たくさんの窓がある席で、のんびり、泡をいただきながら、ブログを見返してみて…私、相当凹んでたのねっ?Σ(゚д゚lll)我がことながら、結構びっくり(笑)Pさんいわく、「妙子は、ひとつ不安なことがあるとドミノ倒し式に不安だらけになるから(笑)予想通りだったよ(笑)」…とのことで(汗)いやはや。Pさん、お世話...続きを読む

『なにも』

2016/02/13 02:07:11 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:7件

私に何を求めてるの?…って聞いた時になにも。僕が君に何か求めたことなんてあった?そう、聞き返された。その言葉が、胸に刺さって、取れない。なにも。そっか。癒しとか潤いとか、家庭で得られない安らぎとかじゃない。非日常や気分転換ですらない。せめて、性欲処理役、くらいは、求めてくれても良かったんじゃないのかな。なにも。「なにもいらない、一緒にすごす時間があればいい」っていうニュアンスじゃなかったよね。じゃ...続きを読む

もう、しない。もう、思わない。

2016/02/10 03:59:46 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:-件

『私は、相手が自分のものにならないってわかった瞬間に冷める傾向がある人だから、よろしくね』もう、ベランダから彼を見送らない夜道を行く彼と同じ寒さを分かち合おうとしたりなんか、しないもう、家に向かう彼に、一緒に過ごしてくれたことのお礼のメールなんて送らない奥様の元に帰る彼の心に、私の余韻を残そうとなんか、しないもう真心をもって向き合えば、もしかしたら…いつの日にか…なんて、思わないもしかしたら…いつの...続きを読む

ストレートに聞いてみた

2016/01/26 14:57:31 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:0件

一次試験、やっと終わりました。結果次第で、二次試験に行けるか行けないか…道が分かれるところですが、とりあえずはひと段落。一次試験の数日前、煮詰まってしまって、PさんにSOSを出してしまいました。耐えきれなくて、ストレートに聞いてみました。「私が試験を終えたら、別れようとか思ってる?」Pさんは「そんなことは思ってない」と、間髪入れずに答えてくれた…けど…何か、言いたそうな表情。そして、そんなこと『は』思って...続きを読む

・・・もしかして・・・

2016/01/24 03:54:03 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:3件

深夜、机に向かっていて、はた、と手が止まった。今まで、考えたことがなかったわけじゃない。可能性としてあり得るな、くらいには思ってた。だけど…改めて考えてみたら、つじつまが合いすぎる。そうとしか、思えない。もしかして…Pさんは、3月いっぱいで私との関係を終わらせようとしてる…?「一緒になるのは難しい」宣言があった後、私が何を言おうと何を聞こうと、この関係の先を話そうとしないのは…まずは試験の準備に集中して...続きを読む

Pさんへの気持ちの変化(要約)

2016/01/14 10:45:16 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:6件

こちらでも少し書いた通り、Pさんとの関係は…(以下略)要約すると、こんな感じ最初は、たまーに会う、非日常を共有する相手、程度の関係↓色々な面でのトータル援助の申し出をPさんから受けるも…・こんなヨゴレな私に、なぜそんなオファーを?・この年で、また愛人生活はじめるわけ、私?・でも、もうかなりPさんに惹かれちゃってるしな…ってかんじで悩む↓飛び込んでみることに決める同時に、その他大勢の愛人から、オンリー・ワン...続きを読む

Pさんへの気持ちの変化⑤そして現実をガン見してみる

2016/01/13 16:35:08 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:-件

④からの続き号泣でしたわ、と書いてはみたけれど。実際にそうだったけれど。振り返ってみれば…幸せな…本当に幸せな、9ヶ月でした。髪を振り乱して追いかけられる夢があって。そんな私を、一切否定せずに支えてくれる人がいて。その人に伴侶として選ばれて、その人とオフィシャルに一緒に生活をすることができて、その人を看取ることを許される…そんな未来を具体的に想って、そんな将来が待っていることを少しも疑わずに過ごすこと...続きを読む

Pさんへの気持ちの変化④幸せだった9カ月

2016/01/02 21:52:44 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:-件

Pさんへの気持ちの変化③プロポーズしてみた

2015/12/24 14:41:37 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:-件

気まま、素のままに…

2015/12/14 23:42:38 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:2件

週末、Pさんと某コンサートに行ってきました。招待制だったこのコンサート。「なんか~赤紙きちゃったんだよね~行かない?」と、クリスマスカラーの招待状とは真逆の気の抜けたお誘いだったので、ちょっと笑ってしまいながらOKしました(笑)ちょっと、私、今、しつこい風邪に悩まされてまして。咳だけ残っちゃったんです。あ、マイコとかTBではないので、ご心配なく。本番中に咳が止まらなくなると困るので、コンサートの開演に...続きを読む

Pさんへの気持ちの変化②Pさんのもとに飛び込む決心

2015/12/13 14:11:32 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:-件

Pさんへの気持ちの変化①まだ薄ーい関係だったころ

2015/12/13 13:39:53 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:-件

やばい、コケる

2015/12/03 10:43:44 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:2件

珍しく、リアルタイムUPです。Pさんにくっついて、北に来ています。空港でPさんと別れて、Pさんはお仕事へ、私は某医大の看護図書館へ。が。雪ー((((;゚Д゚)))))))氷の地面ー((((;゚Д゚)))))))こけるー((((;゚Д゚)))))))Pさんから預かっているお茶菓子(接待返し用)を持ったまますっ転びそう。崩れたお菓子をお渡しすることになったら…現地ベンダーの皆様、ごめんなさい(汗)...続きを読む

順調順調♪

2015/11/26 23:34:39 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:2件

うふふ❤️...続きを読む

Pさんとの関係、1周年

2015/11/26 22:59:52 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:0件

秋口に、大嵐と呼びたいくらいに、ちょっと、いろいろありまして。落ち着いたらちょこちょこ書こう…と思っていたら、すでに冬。この度の寒波、皆様、ご無事でしょうか。私は軽くカゼをひきました。先日、Pさんとの関係が正式に始まって1年が経ちました。……『正式に』のあたり、要チェックね(笑)今思えば、秋口に会ったイロイロなことは、Pさんとの1周年を迎えるにあたっての、必要なステップだったのかもしれない。数カ月に及ん...続きを読む

鞄を買っていただくことの意味

2015/11/14 19:09:30 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:1件

Pさんとお付き合いが始まったばかりのころ、『リセットプロジェクト』なるものをPさんが提案してくださいました。Aさんとの13年間も、子供たちをあきらめたことがあったことも、学費のために風俗勤めをしていたことも、Aさんとの別れの顛末も、すべてPさんは知ってくれています。そのうえで、新しくPさんとの関係を始めるにあたり、環境ごと新しくするために『リセット』をしようと言ってくれたのです。価値観やものの考え方のメン...続きを読む

50年先まで思い出して

2015/11/01 11:50:06 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:3件

まだ、秋の大嵐(笑)に入る前のこと。Pさんのお仕事にくっついて、北に向かった時のこと。北の地に新しい支店を作るにあたり、いくつか土地の候補を下見しに行くのと、北の土地の気候にふさわしいビルのデザインを見て回る、という日がありました。前々から、「その時は一緒に行きたいー♪」とアピールしておいたので(笑)Pさんは、お付きの方・管理職の皆様を遠ざけて、私と二人で1日を過ごす段取りを組んでくださいました。レン...続きを読む

ここしばらくで起きたこと

2015/10/31 12:15:01 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:3件

数ヶ月に及んだ研修がやっと終わって…Pさんのお仕事にくっついて北に向かって…某ライセンスを取得して…ペットを見送って…やっと、覚悟を決めてPさんと向き合うことを決めた矢先に、Pさんから、『一緒になることは難しい』と、はっきりした言葉をもらって…そんな最中に、前の会社の同期の結婚式の幹事なんか引き受けちゃったものだから、いじけて夜中にチューハイ片手に徘徊してみたりして。これが最初で最後と決めて、Pさんの住む...続きを読む

この夜に終わり この夜に始まった

2015/10/25 01:58:15 | ◆一度別れる前のPさんとの日々 | コメント:5件

一年前のこの夜に、愛人でいることを辞めた。あの夜、愛人でいることを辞めた私が逃げ込んだ街に、今夜ふたたびに立ってみる。そして、気づく。一年前の今夜は、泣いて、吐いて、心と体に染み付いた13年間を自分から引き剥がすことで精いっぱいだった。でも、今夜、あの夜と同じ街に立ってみて…今、気づく。あの夜に終わったものもあったけど、あの夜に始まったものもあったことに。あの夜に私は愛人であることを辞めたけど、あの...続きを読む